モリシタ信頼のマーク
  • HOME
  • デュポー式L.P.G.キルン(大型ガス炉)

デュポー式L.P.G.キルン

・しっかりとした焼成理論に基づき設計されている、信頼のある大型ガス炉。
・FEバーナー使用による炉内完全密封構造により、炉内温度・雰囲気がよく揃う。

デュポー式LPGキルンは、西欧の窯業地フランスで開発され、工業用利用価値の多大な為、当時のシェル石油株式会社により早急に日本に紹介され、そこで弊社との技術提携・共同開発により、 1959年に日本では陶磁器業界向けのガス炉としては初となる試験炉を建設。以来60年近くの長期にわたり、その性能・機能・耐久性及び使い易さで広く貢献しており、 現在も改良が続けられている超高性能の大型ガス炉です。

~酸化・還元雰囲気に自信あり。ガス炉はモリシタ。~


  • デュポー式
    L.P.G.キルン(1.0m³)

  • デュポー式
    L.P.G.キルン(2.0m³)

  • デュポー式
    L.P.G.キルン(3.0m³)

  • デュポー台車式
    L.P.G.キルン(1.0m³)
  • デュポー台車式 L.P.G.キルン
    デュポー台車式
    L.P.G.キルン(4.0m³)
  • 自動焼成制御装置
    自動焼成制御装置
    (オプション)
  • 製品出し入れ用フォークリフト
    製品出し入れ用
    フォークリフト
  • 製品仕込み台
    製品仕込み台
     
基本最高温度 1300℃(内部レンガ変更により最高温度を上げることが可能)
有効炉内容積 0.2m³~6.0m³(納入実績容積)
※0.2m³~0.6m³は陶芸用ガス窯にもありますが、こちらは大型仕様となります。
主な焼成品 陶磁器・各種セラミック等
燃料 L.P.G.(プロパンガス)/ブタンガス
※ 仕様を変える事によりL.N.G.(都市ガス)でも可能です。

主な特徴及び性能

【Ⅰ】 構造
(1)炉壁が厚いので(三層以上)保温性が大変良く、放熱を防ぎます。また、焼成後の冷却の際は、徐冷及び急冷の両方どちらでも出来る構造になっています。
(2)炉内は、バーナーのある燃焼室と製品(作品)室が分かれている為、製品(作品)に対しての部分加熱がありません
(3)炉床につくレンガがあり、その上に最下段の棚板が置かれるので、棚板下部(つくレンガ・空間)と炉床と煙道との三重構造にて炉内下部に蓄熱出来ます
【Ⅱ】バーナー
弊社独特のFEバーナーは、メタリック部とセラミック部に分かれており、セラミック部は炉壁に組み込まれているので炉内が完全密封になり、焼成に不必要な空気の侵入はありません(特に還元焼成時重要です)。
また4個穴式の特殊バーナーノズルは、その小さい4個の穴からガスがスクリューの様に噴出され、一次空気とガスがより良く混合出来る構造になっていますので燃焼時には炎全体が同じ雰囲気になります。さらに着火性に優れており、バーナーが相互に干渉して吹消える事無く安全です
【Ⅲ】二次空気孔
バーナー上下に二次空気孔があり、酸化時には開け、還元時には閉める事のみによって還元雰囲気に出来ます。従いまして、酸化・還元時共、一次空気量の調整は必要ありません
【Ⅳ】ブレーカー装置
煙突基部に微調整可能なブレーカー孔が設けてあり、そこからの煙突への空気の流入をハンドルにて調整する事によって、煙突から出る排気量を微妙に簡単にコントロールできますのでダンパーは焼成中は固定のままで良いです。但し、還元入りの時のみはダンパー開度を変えた方が良い場合もあります(還元入り後は再び固定)。
【Ⅳ】操作性
炉内完全密封型で、基本的にマイナス焼成なので、炉内温度差にはブレーカー操作、炉内ガス燃焼雰囲気に関しては二次空気孔の開閉操作にて簡単に微妙に操作できます
また、製品の窯詰め ・ 窯出しには簡易に操作できるフォークリフトを使用します

以上等の事項により、炉内温度分布及び炉内燃焼雰囲気を均一にすることが出来ます

◎台車式(デュポー台車式L.P.G.キルン)の場合も基本的には同じですが、一部異なる部分があります。

よくあるご質問!

 お気軽にお問合わせ下さい。
   

FAX及びお手紙等のご送付先は、お問合わせ先のページをご覧下さい。

愛知県尾張旭市庄南町三丁目10番地9(〒488-0823)  TEL:052-771-8483/052-771-8485

©MORISHITA-KOGYO Co.,ltd All Rights Reserved.